menu

世界設定 悪夢に侵蝕されてゆく現実

ノベルで紡がれる『東京インソムニア』の世界

『東京インソムニア』の物語は、「ノベル」を発注することで進行する。

ノベルはアルパカコネクトのPBW向け受発注サービス《アルパカテーラー》の商品のひとつで、登録ライターに依頼し、自分のキャラクターの小説を書いてもらうことができるというものだ。

公式やライターが提示するテーマに沿ってノベルの作成を依頼してもいいし、どんな事件に遭遇するのか、どんな敵と戦うのか、イチから発注することもできる。
また友達と一緒にノベルを発注すれば、同じ物語に同行することも思いのままだ。

ちなみに『東京インソムニア』の世界は異界の侵蝕による危機に瀕しているが、すべてのキャラクターがいつも夢に潜ってゴーントと戦っているわけではない。日常生活や本業もあるし、友達や恋人と遊びに行ったり、祭りなどに参加することもあるはずだ。
そういった様子もまた、ノベルに残すことができるのだ。

他のキャラクターと交流して広がる絆

プレイヤーが作成したキャラクターは、『東京インソムニア』に参加している他のプレイヤーが作ったキャラクターと交流することができる。
チャットや掲示板、つぶやきなど、交流用のツールが複数存在するので、自分のペースに合った交流が可能だ。

『東京インソムニア』はひとりで遊ぶこともできるが、仲間ができると楽しみは無限に広がっていく。
他のキャラクターにもプレイヤーがいるから、仲良くなったりぶつかったりという交流それ自体を、物語として楽しむことができる。交流を通じて自分のキャラクターの新たな面を見つけたり、キャラクターが行動を起こすきっかけを得たりすることもある。
もちろん一緒にノベルを発注して、同じ事件に取り組んだり、遊びに行ったりすることも可能だ。

ぜひ、『東京インソムニア』でかけがえのない仲間を見つけてほしい。

皆と共通の歴史を紡ぐ「テーマノベル」

『東京インソムニア』では自由にノベルを発注して楽しむこともできるが、定期的に変わる「テーマ」に沿った「テーマノベル」を発注することで、同じ世界に参加している他のキャラクターと共通の体験をすることも可能だ。

テーマノベルを発注すると、同じテーマを同じタイミングで同じライターに発注した他のキャラクターと一緒にノベルが書かれることもある。仲のいい友達と一緒にノベルを発注するのとはまた違った、一期一会の共闘や交流を体験できるのだ。

テーマは多くの場合、『東京インソムニア』世界で発生する大きな事件に基づいている。たとえば大規模な侵蝕の発生や、特定のゴーントの増加などだ。しかし、ときにはお祭りなど、侵蝕やナイトメアと関係のないテーマが発表されることもあるかも……?